オードリー・ヘプバーン,

オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn、1929年5月4日 - 1993年1月20日)は、アメリカで活躍した映画女優。英国籍。

本名は、オードリー・キャスリーン・ヴァン・ヘームストラ・ヘプバーン・ラストン(Audrey Kathleen Van Heemstra Hepburn-Ruston)。各種資料の一部に本名を「エッダ・ヘームストラ」とするものもある。「エッダ」は、戦時中、ドイツ占領下にあったオランダで、「オードリー」という名がイギリス的であることを心配した母エッラが、自らの名前をもじって(EllaをEddaとした)一時的に変えたものである

生い立ち

アイルランド系イギリス人でイギリスの保険会社に勤める父ジョセフ・アンソニー・ヘップバーン・ラストンとオランダ人の母エッラ・ファン・ヘームストラ(貴族の出)のもとに、ベルギーの首都ブリュッセルで生まれる。生後3週間で百日咳にかかり、発作のために心臓停止状態となるも母親の必死の心臓マッサージにより蘇生する。5歳でイギリス・ケント州にある寄宿学校に入学。その頃、両親は離婚し、ナチスに共鳴した父親は家族から去った。

10歳のときに祖父のいるオランダへ移住し、6年間Arnhem Conservatoryでバレエの特訓を受ける。15歳には有能なバレリーナになり、密かにナチのオランダ占領に対する抵抗運動の資金集めのために踊った。

戦中・戦後

第二次世界大戦中は反ナチスのレジスタンス運動に従事していた。オードリーの叔父と母親の従兄弟はナチ抵抗者だったため、オードリーの目の前で銃殺された。彼女の異父兄弟もドイツの強制収容所に入れられた。オードリーは栄養失調のため急性貧血症、呼吸困難、浮腫を患った。16歳の時、オランダの病院でボランティアの看護婦をしていたが、マーケット・ガーデン作戦で大激戦地となったアーネムの病院で一人のイギリス陸軍兵を介護する―20年後彼は監督になって彼女の作品を演出することになる―『暗くなるまで待って』のテレンス・ヤングである。また、戦争中、食料がないときはチューリップの球根を食べ、飢えをしのいだという。なお、「マーケット・ガーデン作戦」を描いた1977年公開の映画「遠すぎた橋」においてケイト・テル・ホルスト夫人役(アーネム郊外の自宅を英軍負傷兵のため提供する)をオファーされたが、拒否している。

アンネ・フランクと同い年で、戦後、オードリーはアンネの事を知りひどく心を痛めたという。後年、映画『アンネの日記』のアンネ役のオファーもあったのだが、辛い過去を思い出すのを恐れて断った事もある。ロンドンでバレエを習う等、ヨーロッパを中心とする各国で生活した経験を持つ。そのためか英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、イタリア語に抜群に堪能であった。


第二次世界大戦終結後、オードリーの一家は無一文でロンドンに移り住み、母のエッラは様々な職に就いて家族の生活を支え、オードリー自身もエージェントの持ち込む映画やテレビの端役をこなし家族を支えていたが『初恋』で、主役の妹でバレリーナの役柄(準主役)を演じる幸運に恵まれる。『モンテカルロへ行こう』の撮影のために訪れたリヴィエラ(フランス)において、同地に滞在していた女流作家のコレットに見出され、彼女のブロードウェイ上演舞台作品である『ジジ』の主役・ジジ役に大抜擢。ジジ役を探していたコレットが、オードリーを初めて見た際に、「私のジジを見つけたわ!」と言ったのは有名なエピソードである[2]。

前後して、『ローマの休日』のアン王女役のオーディションに合格。パラマウント映画と契約し、アメリカにおいて映画初出演を果たす。『ローマの休日』のアン王女役で一躍有名となり、女優業での成功がほぼ確実視されている状況となると、所属するパラマウント映画は、オードリーの為に次回作を用意するも、彼女はブロードウェイの舞台『オンディーヌ』への出演を熱望する。勿論、偉大な映画作家達の作品と名優との共演という筋書きを整えていたパラマウント映画は大反対するも、オードリーは反対を押し切るかたちで舞台への出演を行う。結果的には舞台作品『オンディーヌ』においてトニー賞の主演女優賞を受賞し、舞台女優としても大成功を収める事となる。 華奢で日本人に親しみやすい風貌と言われ、その衣装も憧れの的となり、当時の女性達の間ではヘップバーンカットやサブリナパンツなどブームとなった現象も数ある。現在でもその人気は根強く、写真展等のイベントが開催されるほどである。

映画への出演数はそれほど多くはないものの、『ローマの休日』ではアカデミー主演女優賞を獲得(イタリア・ローマで開催されたプレミアではイングリッド・バーグマンがオードリーの演技に感動して泣いてしまった)。 その後も『麗しのサブリナ』、『ティファニーで朝食を』、『マイ・フェア・レディ』等に出演。彼女の魅力が十分に生かされた作品ばかりである。本人によると『マイ・フェア・レディ』では歌唱部が吹き替えられ、また『ティファニーで朝食を』では主人公が彼女の本来のイメージとはかけ離れており、どちらもがっかりしたという。ただし、作曲家のヘンリー・マンシーニは彼女をイメージして名曲『ムーン・リバー』を作曲して、広く親しまれている。

1962年、マリリン・モンローが当時の米国大統領ジョン・F・ケネディの誕生日で『ハッピーバースデートゥーユー』を歌ったことは非常に有名であるが、実は1963年にオードリーも歌っていたことはあまり知られていない。

1954年に俳優のメル・ファーラーと結婚、息子ショーンが生まれる。メルはこれが三度目の結婚で、俳優として当時下り坂であり、映画制作へ軸足を移していた。名優として駆け上がる妻との不釣り合いがたたり、離婚。1970年に、10歳年下のイタリア人精神科医アンドレア・ドッティと再婚し、男児をもうけたが離婚に終わっている。彼女の出演歴が1960年代後半から1970年代にかけて欠落しているのは、子育てに専念するため、引く手あまたの大作の出演を拒否し続けたためである。ドッティとの別離後から亡くなるまで、オランダ人俳優ロバート・ウォルダーズ(女優マール・オベロンの最後の夫)と同棲した。

1989年のスティーブン・スピルバーグ監督作品の『オールウェイズ』を最後に女優業を引退。

晩年

1989年国際連合児童基金のユニセフ親善大使に就任し、当時内戦の続くソマリアやスーダンなどの子どもたちに笑顔を届けた。就任の際に、オードリーは「わたしは、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきり証言できます。なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから」と語っている。その一方で『世界の庭園』という番組のホスト役として、7ヶ国・16の庭園を訪れる。

1993年1月20日、結腸ガンで亡くなる。死後10年以上経つ現在でも「スクリーンの妖精」として世界中のファンに親しまれている。

  • Google・・・検索エンジン世界最大
  • Yahoo!JAPAN・・・日本最大ポータルサイト
  • 大和ハウジングの情報のお役立ちホームページです。

    お探しの利尻ヘアカラートリートメントのサイトです。

    要チェック!ミネラルファンデーションについてお探しならのサイトです。

    ベルーナの関連サイトわかりやすく掲載しています。

    情報が充実しているサイトは、よかせっけんはこちらから

    お探しはビーグレンの情報です。

    フェブリナの様々な情報について。是非行ってみてください。

    トクーに関する情報はいかがですか?要チェック!

    おすすめのみんなのFXの情報が満載のサイト情報を提供中です。

    主婦の間で話題なのはマウスコンピューターはこちらからです。

    楽天GORA情報ならココで決まりです。

    こちらの商品のことはFXプライムについて情報サイトです。

    エレクトーレのことならこちら→→→→→→→→

    サスティの情報ですについて判りやすく解説されています。

    ベルーナのサイトのお役立ちホームページで超おすすめです。

    どうぞ!こちらのサイトは茶のしずくの情報が充実

    つづきまして、おすすめするサイトを以下に紹介します。神戸クリニックならこちら

    必見のこのサイトトクーのことならこちら

    豊富な情報が揃った茶のしずくについて

    皇潤のことならの様々な情報を掲載しています。

    ベルーナの情報ですに関するホームページです。

    また、関連情報ですが、オススメのサイトをチョイスしてみました。ベルーナのサイト

    ようこそポリピュアが気になったらです。是非行ってみて下さい。

    関連するコラーゲン比較の情報が満載のサイトの情報→

    あなたの知りたい情報全てが詰まったサイト。必見です。ビーグレン情報が豊富

    DHC関連サイトの情報サイト。

    ヤジキタの情報が充実したサイトですね!

    おすすめなのは、自転車あさひについてです。

    紹介されている、ベルーナ情報はココ

    この商品に関することなら銀座カラーはこちらからです。

    ココにプラセンタ100情報はこちらよ!

    引越し見積もり。のおすすめへどうぞ。

    ビタナリッシュクリームのサイトならこちら。大変便利です。

    こちらはベルーナの情報のサイトです。